Ultimo Aggiornamento:Tuesday 31 March 2020
Home Video ed Eventi Japan

Japan PDF Print Email

 

 

 

 

 

 

アルティヴォール市サンビート

建築家カルロ・スカルパの代表作ブリオン家の墓地見学ツアー

 

 

毎日催行(要予約)ガイド付き観光ツアー

*ガイドは英語・イタリア語。ご希望により別途料金追加で日本語通訳も手配可

 

交通費プラス4名以上での観光:1名に付き30.00

  • 出発はトレビゾより、トレビゾより約30km

 

お問合わせ及び予約

Tel: 348 1200427(随時受付)

Email: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

ヴェネト州8日間滞在日程のご提案
8日間―ヴェネツィア、トレビゾ、ヴェネト州の邸宅、コルティーナ、ガルダ湖、ワイン街道、中世の街、地元手工芸品作業場の見学など
旅行代理店御中
私どもは20年以上ヴェネト州でガイド付き観光ツアーを提供しております旅行会社です。この度、ヴェネト州を伝統的な面だけでなく、さらによく知っていただくためにいくつかの旅行行程を提案させていただきたく存じます。この地域の文化、幻術、伝統工芸をいつも高く評価いただいている日本の皆様にご紹介いただければ幸いです。
8日間滞在日程の例
1日目:
南トレビゾ高速道路の出口で待ち合わせ
ヴェネトの歴史ある邸宅でのウェルカムドリンク
ホテルへ向かいチェックインの手続き
昼食後船でヴェネツィア近郊島々の小旅行:ムラーノ島、ブラーノ島、トルチェッロ島
ホテルへ戻り夕食、就寝
2日目:
ヴェネツィアへ出発、市街見学
昼食後、歴史ある街を徒歩観光、観光客の少ない小道などを案内
3日目:
ブレンタ川沿い、建築家パッラーディオ、その他の建築家の設計による邸宅(17、18世紀)を見学
休憩、昼食後パッラーディオ設計によるエモ邸、バルバロ邸見学
建築家カルロ・スカルパの代表作、東洋スタイルのブリオン家墓地見学
ポッサーニョの彫刻家アントニオ・カノーヴァの神殿と美術館見学
4日目:
画家ジョルジオーネの出身地で城壁に囲まれた街、カステルフランコ・ヴェネトへ
女王コルナロの城で有名な街、アーゾロへ、昼食
チェスの大広場があるマロスティカへ
中世の城壁が残る街、チッタデッラへ
建築家パッラーディオ設計による橋が美しい街、バッサーノ・デル・グラッパへ
5日目:
手工芸品の作業場見学
鉄細工ガラス細工
籐細工
6日目:
作業場見学
ベネトンー服飾産業
ロット、ノルディカー履物産業
コットヴェネトー内装業
デロンギー 家電産業
7日目:
コルティーナへ向かい出発、ドロミテ渓谷、ガルダ湖への小旅行
8日目:
ワイン街道(プロセッコ、スパークリングワイン)とワインの試飲
歴史ある大修道院見学
その他ご要望、日程希望、お値段、見積もり、ご不明な点などございましたら、お問い合わせに随時対応いたしますのでご相談ください。
トレビゾ
トレビゾはヴェネト州の南東に位置し、プロヴィンチャ(県)の県庁所在地です。トレビゾにはシーレ、ボッテニガと呼ばれる2つの川が流れており、水に囲まれた自然豊かな街です。トレビゾは産業分野が発達して栄えた街ですが、農業も盛んで、特産品として、冬野菜の赤ラディッキオが有名です。
歴史
トレビゾという街の名は、その昔、トレ=3、3つの丘があり、その上から街を見渡し、関ししていたところからきています。トレビゾを流れる、シーレ川、ボッテニガ川は土の下から湧き上がりできた川のため、水量調整能力があり、どんなに雨が降っても、街に水があふれ出すことはありません。一年を通して川の高さは一定です。
トレビゾにはその昔、Poleovenetiと呼ばれる人々が住んでおり、最初の住民であったといわれています。その後紀元前200年頃、ローマン人が移り住んでいました。中世のトレビゾは政治的に不安定でしたが、ヴェネト共和国政府による支配により安定していきました。その時期、文化、芸術、経済面において著しく発展し、大学や別荘などの建築が盛んに行われました。同時に多くの芸術家が誕生しました。有名な芸術家として建築家のPalladio(パッラーディオ)、画家のTomaso da Modena(トマゾ・ダ・モデナ)、Tiziano(ティツィアーノ)、Lorenzo Lotto(ロレンツォ・ロット)、Cima da Conegliano(チーマ・ダ・コネリアーノ)Veronese (ヴェロネーゼ)がいます。
1700年後半から第一次世界大戦までオーストリア政府によって統治されていました。そしてその後の第二次世界大戦までトレビゾの街は大きな被害を受け、破壊されました。その後、補修、改築され、当時の中世の町並みを残しています。
城壁
最初の城壁はローマン人によって作られました。シーレ川とボッテニガ川にはさまれるようにして長方形型に作られました。その後中世の時代、1100年頃城壁はさらに大きく作り変えられ、14の門も同時に作られました。ルネッサンス時代、約1500年頃にさらに新しいものへと作り変えられました。この時の城壁は敵の大砲による攻撃に耐えられるように暑く頑丈に作られました。当時、門は3つあり、Porta Altinia,Porta Santi quaranta,Porta S. Tommasoで現在も見ることができます。城壁の周りには囲うようにして運河が作られ水を流すことによって敵の侵入を防いだのでした。今日見られる城壁はルネッサンス時代に作られたものです。
San Nicolo教会
ドメニカーニと呼ばれる修道僧たちによって、ゴシック様式で建てられました。教会の名はドメニカーニ修道僧の一人、Nicolo Bocassinoが教皇になり、(Papa Benedetto Ⅵ ベネデット6世教皇)、教会施設の費用を負担したこkとから名をとってつけられました。教会内の円柱には食う征のフレスコ画が描かれており、中でも重要なのは、Tomaso da Modenaによって描かれた作品です。教会内にあるオルガンには古いものですが、今でもコンサートの時などにしようされています。教会内には当時の権力者 Funebre Onigoの墓が保管されており、そのちかくには、Lorenzo Lottoによるフレスコ画があります。修道院の中庭を囲む回廊にはTomaso da Modenaによって描かれたドメニカーニ修道僧40人の肖像がが飾られた広間があります。Tomaso da Modenaは絵画の歴史上は初めて遠近画を用いて人物を表情豊かに生き生きと書いたがたとして有名です。肖像画の中の1つの眼鏡をかけている人物が描かれているものは、絵画の歴史上眼鏡が初めて描かれた作品として有名です。
Duomo (ドゥオーモ)
ドゥオーモは洗礼堂、教会、鐘楼から成っています。1100年頃ロマネスク様式で建てられましたが、ルネッサンス時代に補修され、1800年には新古典主義様式へと変えられました。地下聖堂は9世紀のもので、守護聖人S.Liberale(サント・リベラーレ)の墓が保管されています。重要な芸術作品としてTiziano(ティツィアーノ)による受胎告知の祭壇画が保存されています。
シニョーリ広場
現在の名前が付けられる前は”La Maggiore”, “La Piazza”などと呼ばれていました。県庁の執務室、県知事の執務室(時計のある建物)、会議室の3つの建物から成っています。会議室であったPalazzo dei Trecentoでは当時の町の重役が集まり会議が行われていました。1200年頃建てられたこの建物は大きな部屋にもかかわらず、支えとなる柱が中心にない建築方法として有名です。当時のものは第二次世界大戦で破壊されてしまい、現在は修復されたものが残っています。外壁には修復されたときの後が残っています。
騎士の集会場
大通りの交差点に位置するこの場所はロマネスク様式で建設され、その昔騎士たちが集っては会合を行ったり話をしたりして時間を過ごしていた所です。
魚市場
長さ50m、幅25mの川に浮かんだ小さな島のようなこの場所は魚市場となっており、その形と街へとつながっている鋳鉄でできた美しい橋は地元の人々に愛されている場所です。唯一の請った水車も見ることができます。1600年頃トレビゾには約300もの水車があり、麦を挽くため、またその他の目的に使われていました。トレビゾはその昔ヴェネツィアの穀物倉庫と呼ばれていました。第二次世界大戦で水車は破壊されしまったため、現在はこの水車だけが残っています。
San Francesco教会
教会はロマネスク、ゴシック様式で建てられました。教会内にはペトラルカ(詩人)の娘、Francesca(フランチェスカ)、ダンテの息子、Pietro Alighieri(ピエトロ・アリエリ)、の墓が保管されています。祭壇の近くには聖母マリアと守護神たちを描いたTomaso da Modena (トマゾ・ダ・モデナ)による有名なフレスコ画があります。
ブラネッリ
ブラネッリと呼ばれるこの場所はその昔ブラーノ島の漁師たちがやってきて魚を売っていたことに由来します。建物は1500年頃のもので水面にアーケードが写り美しい場所です。

ガイド付き半日ツアーのご案内

(~2010130日)

ヴェネツィアとムラーノ島
サンマルコ広場まで徒歩でご案内、その後、モーターボート利用でムラーノ島へ向かい観光、またガラス工房見学
日時:毎週金曜 14:30-18:00
集合場所:ヴェネツィア、サンタルチア駅 (FS Venezia St.Lucia)
費用:お一人さま、€35
トレビゾ
アーチ門、フレスコ壁画、運河など中心街を徒歩観光
日時:毎週土曜 15:30-17:00
集合場所:トレビゾ駅 (FS Treviso Centrale)
費用:お一人さま、€8
パッラーディオ設計によるエモ邸
パッラーディオの代表作のうちの一つであるエモ邸
日時:毎週日曜 16:00-17:30
集合場所:エモ邸、
*ただしご希望の方には別途追加料金でトレビゾからの送迎手配可、その場合は集合時間は15:00
費用:お一人さま€8+エモ邸入場料

お問合せ及び予約

Tel 348-1200427
ツアー催行当日の午前11時までにお申し込みください。6歳までの子どもは無料。
ガイドは、イタリア語、英語ですが、ご希望により別途料金追加で日本語通訳も手配可ですのでご相談ください。また、ご要望により、以上の日時以外でもツアー催行可能ですのでご相談ください。
 

 
xnxx uporn.icu spycamera.club redrube tube8 xstarshub.com javfuck